超級トンカツめしにしましょう応援版

めしにしましょうという漫画があります.また小林銅蟲氏の作品でございますから,もう何も言わなくてもわかると思います.
トンカツです.前々からツイーでやるぞやるぞ発言していたので,予想はついてたと思います.
ちなみに材料はこいつです.
f:id:Yonosamochi:20161230233635j:plain

今回は半分使いました.十分だと思います.
低温は60度で12時間やりました.
f:id:Yonosamochi:20161230233736j:plain

この状態で寝れば起きる頃には何もかもできているという便利さです.みなさんAnova買いましょう,あとめしにしましょうも買いましょう.面白いです.

さて,写真ですがやっている間余裕なくてほとんど撮れていません.かろうじてとれた写真らがこいつら
f:id:Yonosamochi:20161230234013j:plain これはカツ煮のために玉葱をスライスして水とめんつゆで煮ている様子です.あとみりんも少しだけ突っ込んだ.
分量は何も計って無くて,これで完成までもっていったら何もかも味がぴったりだったので俺スゲーになりました.
私は別に玉葱食えないわけではないので取り除いたりはしません.

さて肉です.12時間クラスともなると聞いていたとおり,包丁で切るだけでも肉が柔らかすぎて断面が毛羽立ちます.
f:id:Yonosamochi:20161230234138j:plain

写真はありませんが,衣は普通に小麦粉→卵→パン粉とやりますが,ものがデカいのでバランスをとるために2回やります.聞いていたほど衣は分厚くなりませんでしたが(私が分量ビビってあんまりベタベタやらなかった)

実は私,油物はこれが初めてです.なのでものを油に突っ込むのが下手,あと一歩間違えてたら油が鍋の外に出てたみたいな状態になりました.
油温はよくわかりません.とにかく熱いと思います.
f:id:Yonosamochi:20161230234336j:plain

さてカツ煮です.全部カツ煮にするわけではなく半分だけカツ煮にして,半分は普通にトンカツです.
f:id:Yonosamochi:20161230234617j:plain
並べ方は雑です.餃子みたいにグルッと円でやったら見た目はよかったかもしれませんね.
さて,ここでご飯を炊くのを忘れていることに気が付きます.急いで炊くために圧力鍋でやります.
コンロの上は油とカツ煮で占領されているため,カツ煮を場所に移動します.
f:id:Yonosamochi:20161230234812j:plain

圧力鍋でご飯ですが,ネットで探せばいくらでも情報は出てくるでしょう.しかし記録のため一応書いておきます.
米を普通に研ぎ,1合につき190ml突っ込んで強圧・強火でやり,圧力がかかったら中火にして5分待ちます.
待ったら火を止め,自然に圧力が抜けるまで待って,さらに5分ぐらい待ちますと,こうなります
f:id:Yonosamochi:20161230235051j:plain
僕は写真を撮るのがへたくそです.これでも一応高校の頃は写真で全国大会行ったりとかしていた気がしますが,面影はありません.きっと酒場で僕の唯一の武勇伝として延々語りまくると思いますが,私はお酒が飲めません.
閑話休題で,卵でカツ煮をとじます.2個使ったと思いますが全然足りていません.しかしこれで我が家の卵在庫はすべてハケてしまったので,我慢します.一応これで完成です.三つ葉を忘れていますが忘れているので載せていません.
f:id:Yonosamochi:20161230235302j:plain

さて,それとは別に普通のトンカツの様子です.ちょっと多すぎて脳が理解しきれません.
f:id:Yonosamochi:20161230235409j:plain

さて味ですが,「やりすぎ」なだけあって意味不明なぐらいうまいです.小林銅蟲氏曰く「柔らかすぎて何食ってんのか一瞬わからない」ですが,ギリギリ豚肉だとわかるレベルだと思います.
豚の角煮に衣をつけて食ったらこういう噛みごたえなのだろうか,という感じがしっくりきます.しかしホロホロでもなく形は保たれており,トンカツです.
あまりにも多いので人類は飽きますから,トンカツは塩,醤油,ポン酢,ブルドックソースの3種類,味変要素として柚子の皮と岩下の新生姜を用います.
ここでカツ煮と岩下の新生姜の相性が良すぎて発狂してしまいました.

親氏に食わせた所,ご飯ではなく食パンにソースと挟んでカツサンドとして食ったので,そういう食い方もありだと思います.

さて,これと同じ量の豚肉がまだ冷凍庫に眠っているという事実が発狂要素です.SAN値チェックしてください.
あと,1kgぶんの松坂牛(!)も冷凍庫に眠っており,これはいつ食うかまったくわかりません.食ったらブログに載せると思います.
ちなみに松坂牛はいざ買うと400グラムで1万円だそうです.ちょっとよくわかりませんね.1万円あれば,当エントリ一番上の豚肩ロース塊が3個ぐらい買えると思います.さすがにこれは貰い物です.こんなもの絶対自分じゃ買わない.

今年最後の低温調理は以上です.
SAN値チェックではなくコレステロール値チェックが必要になったと思います.よかったですね