読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松阪牛 1回目

突然ですが完成です。
f:id:Yonosamochi:20170112211301j:plain

ちょっと完成と言い張るには傲慢ですが、しゃぶしゃぶの完成のタイミングがよくわかりません。肉単位で語れば肉をアツい湯でガーとした時が完成状態なんでしょうが、机上全体で語れば完成はこの瞬間と言い張ったほうが適切です。
なお肉を解凍するのをサボっており、程よく食ってからこの肉1つひとつが2枚ずつの冷凍であることを知ったために通常の2倍は贅沢をしているということになる。

少し時間は戻り、一応昆布を1片入れて沸かしています。以下図
f:id:Yonosamochi:20170112211543j:plain

時間はさらに戻ります。これが2箱あります。
f:id:Yonosamochi:20170112211853j:plain

なぜこんな豪勢な状態になっているのかというと、祖母の弟が小金持ちであり、あと色々あって父経由で私に渡されてきたという歴史がこの肉にはあります。それ以前のことはよくわかりませんが、人間の手によって生命がひとつ失われたという事実も覚えておかなければなりません。人間、本当に許せない…

f:id:Yonosamochi:20170112212044j:plain
さてしかし、芸術品のようですが冷凍とはいえ家庭用冷凍庫ではそうそう保つものでもないことを知ります。色がちょっとおかしいです。
解凍しきった時の匂いも若干やばく、これ1箱1万円超えてるんですが、この時点で半額になっていると思います。
でも火を通したら問題ないと信じて食った。信じる力は無限大…

さて、味ですがレビューしません。自慢です。通常の人間とは違うことを広く知らしめるために1箱1万円以上のエピソードが追加されました。
この他にもチャーシューを低温でやろうとしたところ、タレの分量と処理を完璧にミスり、味が最悪なことになったので反省しておきます。その話はこのブログには乗ること無くアーカイブされていきます。そのうち失敗メシ総集編みたいなことでもして供養しましょう。おわり

広告を非表示にする

超級トンカツめしにしましょう応援版

めしにしましょうという漫画があります.また小林銅蟲氏の作品でございますから,もう何も言わなくてもわかると思います.
トンカツです.前々からツイーでやるぞやるぞ発言していたので,予想はついてたと思います.
ちなみに材料はこいつです.
f:id:Yonosamochi:20161230233635j:plain

今回は半分使いました.十分だと思います.
低温は60度で12時間やりました.
f:id:Yonosamochi:20161230233736j:plain

この状態で寝れば起きる頃には何もかもできているという便利さです.みなさんAnova買いましょう,あとめしにしましょうも買いましょう.面白いです.

さて,写真ですがやっている間余裕なくてほとんど撮れていません.かろうじてとれた写真らがこいつら
f:id:Yonosamochi:20161230234013j:plain これはカツ煮のために玉葱をスライスして水とめんつゆで煮ている様子です.あとみりんも少しだけ突っ込んだ.
分量は何も計って無くて,これで完成までもっていったら何もかも味がぴったりだったので俺スゲーになりました.
私は別に玉葱食えないわけではないので取り除いたりはしません.

さて肉です.12時間クラスともなると聞いていたとおり,包丁で切るだけでも肉が柔らかすぎて断面が毛羽立ちます.
f:id:Yonosamochi:20161230234138j:plain

写真はありませんが,衣は普通に小麦粉→卵→パン粉とやりますが,ものがデカいのでバランスをとるために2回やります.聞いていたほど衣は分厚くなりませんでしたが(私が分量ビビってあんまりベタベタやらなかった)

実は私,油物はこれが初めてです.なのでものを油に突っ込むのが下手,あと一歩間違えてたら油が鍋の外に出てたみたいな状態になりました.
油温はよくわかりません.とにかく熱いと思います.
f:id:Yonosamochi:20161230234336j:plain

さてカツ煮です.全部カツ煮にするわけではなく半分だけカツ煮にして,半分は普通にトンカツです.
f:id:Yonosamochi:20161230234617j:plain
並べ方は雑です.餃子みたいにグルッと円でやったら見た目はよかったかもしれませんね.
さて,ここでご飯を炊くのを忘れていることに気が付きます.急いで炊くために圧力鍋でやります.
コンロの上は油とカツ煮で占領されているため,カツ煮を場所に移動します.
f:id:Yonosamochi:20161230234812j:plain

圧力鍋でご飯ですが,ネットで探せばいくらでも情報は出てくるでしょう.しかし記録のため一応書いておきます.
米を普通に研ぎ,1合につき190ml突っ込んで強圧・強火でやり,圧力がかかったら中火にして5分待ちます.
待ったら火を止め,自然に圧力が抜けるまで待って,さらに5分ぐらい待ちますと,こうなります
f:id:Yonosamochi:20161230235051j:plain
僕は写真を撮るのがへたくそです.これでも一応高校の頃は写真で全国大会行ったりとかしていた気がしますが,面影はありません.きっと酒場で僕の唯一の武勇伝として延々語りまくると思いますが,私はお酒が飲めません.
閑話休題で,卵でカツ煮をとじます.2個使ったと思いますが全然足りていません.しかしこれで我が家の卵在庫はすべてハケてしまったので,我慢します.一応これで完成です.三つ葉を忘れていますが忘れているので載せていません.
f:id:Yonosamochi:20161230235302j:plain

さて,それとは別に普通のトンカツの様子です.ちょっと多すぎて脳が理解しきれません.
f:id:Yonosamochi:20161230235409j:plain

さて味ですが,「やりすぎ」なだけあって意味不明なぐらいうまいです.小林銅蟲氏曰く「柔らかすぎて何食ってんのか一瞬わからない」ですが,ギリギリ豚肉だとわかるレベルだと思います.
豚の角煮に衣をつけて食ったらこういう噛みごたえなのだろうか,という感じがしっくりきます.しかしホロホロでもなく形は保たれており,トンカツです.
あまりにも多いので人類は飽きますから,トンカツは塩,醤油,ポン酢,ブルドックソースの3種類,味変要素として柚子の皮と岩下の新生姜を用います.
ここでカツ煮と岩下の新生姜の相性が良すぎて発狂してしまいました.

親氏に食わせた所,ご飯ではなく食パンにソースと挟んでカツサンドとして食ったので,そういう食い方もありだと思います.

さて,これと同じ量の豚肉がまだ冷凍庫に眠っているという事実が発狂要素です.SAN値チェックしてください.
あと,1kgぶんの松坂牛(!)も冷凍庫に眠っており,これはいつ食うかまったくわかりません.食ったらブログに載せると思います.
ちなみに松坂牛はいざ買うと400グラムで1万円だそうです.ちょっとよくわかりませんね.1万円あれば,当エントリ一番上の豚肩ロース塊が3個ぐらい買えると思います.さすがにこれは貰い物です.こんなもの絶対自分じゃ買わない.

今年最後の低温調理は以上です.
SAN値チェックではなくコレステロール値チェックが必要になったと思います.よかったですね

水炊き(失敗),ローストビーフ・リベンジ

こんにちは.小林銅蟲氏のブログを見てたら水炊きが作りたくなりました.
なので水炊きです.ただし迫力は劣る(肉が少ないという意味です)
以下材料の写真
f:id:Yonosamochi:20161227045029j:plain
冷凍した鶏胸肉2枚.既に見劣りしており,本家大水炊き展では鶏ももを6枚用意しています.
本当はもっと肉あったんですが,親氏が全部ハンバーグに使ってました.あとそもそもこちらは胸肉であり,色々ダメ感が伝わってきます.
それから白菜.豪勢に1玉まるまる使いました.
f:id:Yonosamochi:20161227045232j:plain
左上の手は親氏の手です.

切ったら花が咲きました.鍋にぶち込みます.
f:id:Yonosamochi:20161227045403j:plain

f:id:Yonosamochi:20161227045421j:plain
はい

白菜がフニャったタイミングで半解凍の肉を切って投入.半解凍だとさくさく切れていいですね.
あとねぎを見つけたのでねぎを投入しました.予定にない食材ですが気にしません.
それから予定も写真もありませんが玉ねぎもあったので切って投入しています.既に色々レシピから逸脱しており,だめです
f:id:Yonosamochi:20161227045510j:plain

切り干し大根があったので切り干し大根を沸騰させた水で戻しています.これも予定にないです.
さらに言うと戻す時はぬるま湯で戻せと書いてありましたが,面倒なので無視しています.
f:id:Yonosamochi:20161227045640j:plain
煮汁を水炊きに突っ込んで出汁要員にします.意味があったどうかは不明,すでに勢いで材料を3つ余計に投入しています.
流石に切り干し大根は突っ込まず,このあと醤油とゴマ油で頂きました.

f:id:Yonosamochi:20161227045851j:plain
そして(面倒だったのでレンチンしなかった)ご飯と一緒の皿に盛り,これで完成と言い張ります.
親はとりあえず納得してくれました.
やはり肉が無いために味が圧倒的に不足しており,ポン酢で食います.写真はありません.まぁ美味しいので成功としましょう.
成功ならなぜタイトルには「水炊き(失敗)」と書いてあるのか?よくわかっていません.勢いです,そういうことはしょっちゅうあることですから.

f:id:Yonosamochi:20161227050106j:plain
なお食卓にはほかにいんげん豆と豚バラの炒め物なども乗っかっています.

ところでローストビーフですが,色々あってよくわかっていません.
なぜわかっていないか.
調理当日私は流体力学の講義があり,講義前に仕込んでAnovaをセット,しかし流体力学の講義が秒で終わり,適当に秋葉原でぶらついて派手な肉を買ったりしていたら授業が終わるよりも遅く帰宅することになり,やはり肉が曖昧になりました.
しかしまぁ多少長くやったところでマイナスにはなるまいということだし,一応いけたことにします.
記録のために書いておきます.58.5度で4~5時間ぐらい?

これは肉を焼いています.この日は北千住から太田に行って即埼玉に戻り,秒で栃木の帰宅したためか頭痛が異常にしていましたが,肉を焼けば治るだろうという謎の確信を持って焼いております.
f:id:Yonosamochi:20161227050636j:plain
ちなみに低温後1日程冷蔵庫で落ち着かせています.肉は以下
f:id:Yonosamochi:20161227050720j:plain
f:id:Yonosamochi:20161227050738j:plain
さすがに美味しく,ぶ厚めに切った(失敗した)のと芯のあたりが冷えているせいか一応の歯ごたえもあり,うまい.この温度で5時間程度やるのが我が家の局所最適解になりそうなぐらいのうまさです.
f:id:Yonosamochi:20161227051343j:plain
ところで安い醤油しか家に置いておらず,グレードの高い醤油を使えばもっと良くなるかもしれない.
しかし変な市販のソースよりは醤油の方がいいですね.今後はこれです.

あとクリスマスなのでケーキです.
f:id:Yonosamochi:20161227051052j:plain
ケーキはこの他にもチーズケーキや普通のいちごが乗っかったケーキなどがホールで存在しており,さらにフライドチキンも10ピースほど保存されており,未だに食いきれておりません.
余談ですが,これはチョコレートケーキです.既に大部分消滅しているのは,甘いものが異常に好きな祖母が半分食ったせいです.祖母氏はこれでは足らず,帰宅時にさらにケーキを購入して食ったそうです.

f:id:Yonosamochi:20161227051305j:plain
糖尿病丼